ふじのくにをいただきます。

高校生による和の給食コンテスト 最優秀賞作品 レシピのご紹介 高校生による和の給食コンテスト 最優秀賞作品 レシピのご紹介

県内7地域で、高校生が地場産物を活用した和の給食を考えるレシピコンテストを開催しました。
総応募点数705点の中から、選ばれた各地域の最優秀賞作品を紹介します。

西部地域 最優秀賞

浜松七色まんぷく給食
静岡県立浜松大平台高等学校

浜松七色まんぷく給食

浜納豆や野菜等の地場産物を取り入れ、彩りあざやかで見た目も良く、栄養バランスの良い給食です。みそベースのしっかりとした味付けにしたので、野菜が苦手な子も食べやすいと思います!!

レシピ01 豚肉とチンゲン菜の浜納豆入りみそ炒め
材 料

豚肉こまぎれ30g、チンゲン菜40g、玉ねぎ20g、浜納豆10g、にんじん10g、にんにく1/4かけ、みそ10g、砂糖大さじ1/2、酒小さじ1、みりん大さじ1/2、サラダ油小さじ1

作り方
  • ①チンゲン菜は2cm幅に、玉ねぎは縦半分に切り5mm幅に、にんじんは3cm×3mm幅に切る。
  • ②浜納豆はなるべく細く切り、みそ、砂糖、酒、みりんと混ぜ合わせる。
  • ③フライパンにサラダ油を入れ熱し、にんにくを入れて香りを出す。豚肉を炒め、玉ねぎ、にんじんを炒める。火が通ったらチンゲン菜を炒め、合わせた調味料(②)を入れ混ぜ合わせる。
レシピ02 じゃがいもとしらすの和えもの
材 料

じゃがいも60g、釜揚げしらす15g、ねぎ5g、ごま油小さじ1/2、しょうゆ小さじ2/3

作り方
  • ①じゃがいもは半分に切りさらに横半分にし、1.5cm幅に切る。ねぎは小口切り。
  • ②ごま油としょうゆを混ぜておく。
  • ③じゃがいもはゆでて粉ふきいもにする。
  • ④じゃがいもにしらす、ねぎ、(②)を入れてよく和える。
レシピ03 青のりとみつばのすまし汁
材 料

みつば5g、青のり3g、とうふ30g、えのきだけ5g、だし汁100㏄、塩少々、酒小さじ1/2、しょうゆ小さじ1/2

作り方
  • ①とうふは1cmさいの目切り、えのきだけとみつばは2cm幅に切る。
  • ②だし汁を沸かし、沸騰したらえのきだけを入れ、塩ととうふを入れる。
  • ③酒、しょうゆを入れる。④みつば、青のりを入れて火を通す。

中遠地域 最優秀賞

静岡感じるあったか給食
静岡県立袋井高等学校

静岡感じるあったか給食

主菜の「お茶香る黒はんぺんのチーズフライ」は、静岡県の特産物である黒はんぺんに大好きなチーズをはさんだ美味しく食べやすいメニューです。パン粉にお茶の葉を混ぜることで地域の味わいも取り入れることができました。
副菜の「白玉餅入りあったかけんちん汁」は、たくさんの野菜を摂取できます。そして、白玉餅が入っていることで楽しく笑顔で食べることができます。
バランス良く、楽しい献立になっています。

レシピ01 お茶香る黒はんぺんのチーズフライ
材 料

黒はんぺん2枚、スライスチーズ1枚、お茶の葉適量、パン粉適量、卵1個、小麦粉適量

作り方
  • ①黒はんぺん1枚の上にスライスチーズを半分に折ってのせる。はみ出ないように折り込んで、もう1枚の黒はんぺんではさむ。
  • ②パン粉の中にお茶の葉を混ぜる。
  • ③小麦粉、溶き卵、②の順で①につける。
  • ④180度に温めた油で③をきつね色になるまで揚げる。
レシピ02 小松菜としらすと油揚げのおひたし
材 料

小松菜70g、油揚げ1/4枚、しらす適量、だし汁50ml、みりん大さじ1/2(9g)、しょうゆ大さじ1/2(9g)

作り方
  • ①小松菜は根を切り落とし4cm長さに切る。よく洗って水気を切っておく。
  • ②油揚げは縦半分に切り、さらに1cm巾に切る。熱湯をかけて油抜きし、ざるにあげて水気を切る。
  • ③だし汁にみりんとしょうゆをあわせて煮立て、①と②を入れ落としぶたをして強火にかける。煮立ったら中火で5~6分煮る。
  • ④③にしらすを混ぜ盛り合わせたら完成。
レシピ03 白玉餅入りあったかけんちん汁
材 料

大根20g、ごぼう10g、にんじん5g、こんにゃく10g、白玉餅(白玉粉から作る)3個、ごま油小さじ1/2(2g)、だし汁200ml、しょうゆ小さじ1(6g)

作り方
  • ①大根は皮をむき乱切り。ごぼう、人参も乱切りにする。
  • ②こんにゃくは一口大に切り、熱湯でさっとゆでる。
  • ③白玉粉に水を入れ、こねて食べやすい大きさに丸め、ゆでて白玉餅をつくる。
  • ④鍋にごま油を熱し、①、②を炒め、だし汁を入れ具材が柔らかくなるまで煮る。しょうゆを入れ味を調える。
  • ⑤③を入れ完成。

志太榛原地域 最優秀賞

栄養満点給食
静岡県立藤枝北高等学校

栄養満点給食

給食の好きなメニューランキングを参考にして作りました。さばのマリネは、2色のパプリカを使用し彩りをメインに仕上げました。
野菜たっぷりすまし汁も見た目、味を特に意識しました。
メニュー名のとおり緑黄色野菜をふんだんに使いました。
栄養素もたくさん含まれています。

レシピ01 さばのマリネ
材 料

さば45g、玉ねぎ25g、パプリカ(赤、黄)各15g、片栗粉大さじ1、しょうゆ・酒各大さじ1/4 
<マリネ液>酢(米酢)10ml、サラダ油8ml、砂糖小さじ1と1/3、塩ミニスプーン1/4、レモン汁小さじ1/4、だし汁12.5ml

作り方
  • ①さばを2cm幅に切り、しょうゆで下味をつけ、片栗粉をまぶす。
  • ②玉ねぎ、パプリカを薄く切り、さばと一緒に焼く。
  • ③マリネ液をつくり、②を加えて混ぜ合わせる。
レシピ02 きゅうりとほうれん草のナムル
材 料

ほうれん草30g、きゅうり20g、白ごま大さじ1/4
(A)しょうゆ小さじ1/4、ごま油大さじ1/4、おろしニンニクミニスプーン1/2、鶏ガラスープの素ミニスプーン1/4

作り方
  • ①ほうれん草ときゅうりをゆで、食べやすい大きさに切る。
  • ②①に(A)の調味料を加えて混ぜる。
  • ③白ごまを加えて混ぜ合わせる。
レシピ03 野菜たっぷりすまし汁
材 料

えのき20g、ほうれん草25g、玉ねぎ25g、にんじん25g、豆腐50g、だし汁200ml
(B)酒小さじ1/4、しょうゆ小さじ1/4、塩小さじ1/4

作り方
  • ①かつお節でだし汁を作る。
  • ②ほうれん草と玉ねぎを食べやすい大きさに切り、にんじんはいちょう切り、えのきは根元を切り、豆腐はさいの目切りにする。
  • ③出汁で具材を煮込み、(B)の調味料を入れる。
レシピ04 みかん

中部地区 最優秀賞

元気みなぎるいちごジャムソースのヘルシーごはん
静岡県立静岡城北高等学校

元気みなぎるイチゴジャムソースのヘルシーごはん

地域の食材の果物、野菜、水産物の3種類全部入れたかったので、1品に1つ入れるようにしました。特に悩んだのが果物をどんな形で料理に使おうかということです。果物を固体そのままで提供するのは、もったいないと思ったので、メインとなる主菜のソースに使用しました。子どもたちに“食べる”ということを楽しんでもらうために見た目も意識しました。色彩豊かにするために、にんじんを使いました。にんじんが嫌いな子が多いと思ったので、ツナを使ってにんじんの味を強くしすぎず、うまく合わせました。また、ただのスープだと物足りないと思ったので、子どもたちが好きそうな春雨を使って、たくさん食べてもらえるようにアレンジしました。
献立を考える時に、小学生の立場で、どんな料理だったら食べたくなるかということを意識しました。嫌いな食材をどうしたら食べてもらえるか、どのようにアレンジしようかということもたくさん悩みましたが、高校生らしく解決できたと思います。

レシピ01 鶏肉のテリヤキ イチゴジャムソース煮
材 料

鶏もも肉350g、イチゴ280g、砂糖60g、しょうゆ大さじ1.5、料理酒大さじ2、すりおろしニンニク小さじ1/2、塩・こしょう小さじ1/4、サラダ油小さじ2

作り方
  • イチゴジャム
  • ①イチゴの水気を取る。
  • ②へたを取り半分に切ったイチゴを鍋に入れ、砂糖を加え砂糖が溶けるまで40分ほどそのまま置く。
  • ③砂糖が溶けてきたら蓋をして30分ほど程弱火にかける。途中灰汁が浮いてきたら灰汁を取り、とろみがついたら火からおろす。
  • ④熱いうちに瓶に移し粗熱を取り、冷蔵庫で冷やす。
  • 鶏肉のテリヤキ イチゴジャムソース煮
  • ①作ったイチゴジャム、しょうゆ、料理酒、すりおろしニンニク、塩こしょうを混ぜ合わす。
  • ②鶏もも肉の皮目にフォークで数箇所穴を開ける。
  • ③中火で熱したフライパンにサラダ油を入れて②を皮目から入れて両面に焼き色がついたら、余分な油をキッチンペーパーでふき取る。
  • ④①をフライパンに入れて蓋をし、火が通るまで弱火で加熱する。
  • ⑤一口大に切る。
    ※ベビーリーフは色彩りで入れましたが、生野菜なので給食提供するときは入れない。
レシピ02 春雨とチンゲン菜のたまごスープ
材 料

卵2個、チンゲン菜1束、春雨30g、ごま油小さじ1、酒大さじ1、塩小さじ1/2、鶏ガラスープの素小さじ1/3、水500㏄、片栗粉大さじ1/2、水大さじ1/2

作り方
  • ①チンゲン菜を根元は3cm、葉は5cmくらいの幅で切り、茹でる。
  • ②鍋に酒、塩、鶏ガラスープの素、水を入れ、煮立たせ春雨を加えてスープに浸す。蓋をして弱めの中火で沸騰するまで煮る。
  • ③水溶き片栗粉を加えてとろみをつけ、溶き卵をまわし入れ、たまごがふんわり固まるまで大きく混ぜる。チンゲン菜を加え、ごま油をまわし入れる。
レシピ03 にんじんのツナマヨ和え
材 料

にんじん1本、ツナ缶1缶、マヨネーズ大さじ2、しょうゆ小さじ1、こしょう1つまみ

作り方
  • ①にんじんを千切りにする。
  • ②ツナ缶の油を切る。
  • ③ボウルにツナ、マヨネーズ、しょうゆを入れ混ぜ、こしょうで味を整える。

富士地域 最優秀賞

お茶めあんかけ定食
静岡県立富岳館高等学校

お茶めあんかけ定食

特に工夫したのは主菜です。主菜の唐揚げでは、静岡県産の鶏むね肉と静岡県産のせん茶を使いました。また、唐揚げにかかっているあんのトマトは、富岳館高等学校でとれた甘くておいしいトマトを使い、甘じょっぱい味に仕上げてあるので、食欲をそそる一品となっています。揚げる時に片栗粉とせん茶をまぶすことで食べるとカリッとジューシーで、お茶のさわやかな香りが口いっぱいに広がります。
全体の仕上がりとしては、1群~6群をまんべんなくとることができるメニューを考えました。普段食べづらいニラを汁物にすることで、他の具材と一緒にササッと食べることができると思います。

レシピ01 唐揚げ
材 料

鶏もも肉1個、しょうが小さじ1、酒小さじ1、しょうゆ小さじ1、せん茶適量、片栗粉適量

作り方
  • ①鶏肉にしょうが、酒、しょうゆで下味をつける。
  • ②片栗粉、せん茶をまぶして油で揚げる。
レシピ02 あん
材 料

玉ねぎ1/2個、えのき1/2個、トマト大1個、しょうゆ小さじ1、酢小さじ1/2、砂糖小さじ1/2、水溶き片栗粉適量

作り方
  • ①玉ねぎをみじん切り、えのきを2cmぐらいに切ったら炒める。(玉ねぎはあめいろになるまで)
  • ②鍋に炒めた玉ねぎ、えのき、ザク切りにしたトマト、水、しょうゆ、酢、砂糖を加えてひと煮立ちさせる。
  • ③煮立ったら水溶き片栗粉を入れる。
レシピ03 野菜のごま和え
材 料

にんじん1/2、ほうれん草2束、キャベツ1/8個、しょうゆ小さじ1/2、砂糖小さじ1/2、すりごま適量

作り方
  • ①野菜を細かめに刻む。
  • ②ゆでる。
  • ③水気をしっかり絞り調味料で和える。
レシピ04 にらたま汁
材 料

わかめ適量、ニラ1束、卵小1個、塩適量、しょうゆ小さじ1/2、片栗粉大さじ3/2、ごま油適量

作り方
  • ①ニラは1cm長さに切り、わかめは水でふやかしておく。
  • ②卵は割ってカラザを除きざっとときほぐす。
  • ③なべに水を入れて煮立て、ごま油、塩、しょうゆで味をととのえたら水溶き片栗粉を入れてとろみをつける。
  • ④静かに沸とうする火加減にして、卵を流し入れ半熟状になったらニラをちらし入れて火をとめる。
  • ⑤すぐにふたをして少しむらし、器にもりつけたら完成。

東部地域 最優秀賞

みんな大好き給食
静岡県立伊豆総合高等学校

みんな大好き給食

地元の伝統料理のおざくの材料をミネストローネ風にアレンジしました。
普通のお米ではなく、地元の修善寺の黒米を使いました。
ハンバーグは小学生が食べやすいように豆腐を入れてあんかけにしました。
オーブンで焼くことでしっかりと火が通るようにしました。
みんなにこの給食を好きになってもらえるように工夫しました。

レシピ01 豆腐ハンバーグ
材 料

鶏ひき肉50g、豆腐25g、玉ねぎ10g、しいたけ5g、片栗粉小さじ1、ごま油適量、塩少々

作り方
  • ①木綿豆腐は水切りしておく。
  • ②鶏ひき肉と塩を入れ粘りけが出るまでよく混ぜる。
  • ③他の材料を加えてさらによく混ぜる。
  • ④ごま油を手につけ形を成形してごま油をひいたフライパンで焼き目をつける。
  • ⑤両面焼けたら220℃に予熱したオーブンに入れ15分焼く。
レシピ02 あんかけ
材 料

水50ml、しょう油大さじ2/3、白だし大さじ1/2、みりん小さじ1、酒小さじ1、片栗粉小さじ1

作り方
  • ①片栗粉以外の水と調味料を合わせたものを小鍋かフライパンに弱火で沸騰させる。
  • ②沸騰した火を止め片栗粉を入れる。
  • ③全体にとろみがついたら完成。
レシピ03 海草サラダ
材 料

きゅうり25g、人参20g、わかめ3g、コーン10g、酢大さじ1、砂糖小さじ1/2、しょう油小さじ1/2、水小さじ1/2

作り方
  • ①きゅうりは斜めに切り、少しずつずらして重ね端から切る。
  • ②端から3mm程度の板状に切り端から3mmに切る。
  • ③わかめは水でもどしておく。
  • ④きゅうりと人参を茹でる。
  • ⑤水と調味料を合わせたら全て入れる。
  • ⑥混ざったら完成。
レシピ04 揚げさつま、ゆでブロッコリー
材 料

さつまいも30g、塩少々、ブロッコリー10g

作り方
  • ①さつまいもを斜めに切り端から切り水につける。
  • ②水気をとり油に入れ火が通ったらあげる。
  • ③塩をかけて完成。
  • ④ブロッコリーをそえる。
レシピ05 黒米ごはん
材 料

黒米大さじ1/2、白米80g

レシピ06 ミネストローネ風おざく
材 料

大根35g、人参10g、さといも1個、こんにゃく10g、油あげ1/4、コンソメ小さじ1、砂糖小さじ1/3、ケチャップ小さじ1.5、水150ml

作り方
  • ①大根、人参、さといもをさいの目切りに 下茹でする。
  • ②油あげは油抜きをする。
  • ③水、コンソメ、下茹でした野菜、こんにゃくを入れる。
  • ④少し煮たら四角く切った油あげを入れる。
  • ⑤ケチャップ、砂糖を入れて味をととのえる。
レシピ07 オレンジゼリー
材 料

オレンジジュース80ml、砂糖大さじ1、ゼラチン2g、水大さじ1、ナタデココ適量

作り方
  • ①ゼラチンを水につける。
  • ②オレンジジュースと砂糖を入れ溶けたらゼラチンを入れる。
  • ③少し冷めたら型にナタデココも入れ冷めたら完成。

賀茂地域 最優秀賞

南伊豆を感じる和の日本食
静岡県立下田高等学校南伊豆分校

南伊豆を感じる和の日本食

郷土料理の「鶏めし」は地域によって入れる具が違います。南伊豆の一般的な鶏めしは鶏肉のみと聞きましたが、私たちは「具沢山な鶏めしを食べてほしい!!」という事で野菜を入れた鶏めしを作りました。
汁物では、あまりキノコを食べてるイメージがないので、味噌汁のうまみも引き出ておいしくいただけるなめこを取り入れてみることにしました。それに加えて南伊豆で沢山採れるカキナを入れ緑を添えました。
ほうれん草の胡麻和えには、カキナと同じく沢山採れる地域野菜、明日葉も入れ栄養たっぷりに。明日葉の苦みも少し甘めの胡麻和えにして食べやすくしました。そしてコーンを加え彩りと食感を出しました。
大豆製品を食べられるように主菜は揚げだし豆腐にしました。この揚げだし豆腐の最大のポイントはあんかけです。あんかけの具は伊豆産シイタケ、えのき、人参、枝豆を入れているためすごく彩りが豊かになります。
デザートのゼリーでは南伊豆町でとれたミカンを使い最後においしくさっぱりと給食の余韻を楽しんでもらいたいです。
私たちは地域、旬の野菜やきのこ、果実を取り入れた栄養バランスばっちりの給食を作りました。

レシピ01 あんかけ揚げだし豆腐
材 料

木綿豆腐2~4切れ、片栗粉適量、油適量、しいたけ1個、にんじん1片、めんつゆ・白だし大さじ1、酒・みりん大さじ1、かつおだし少々、砂糖・酢大さじ1、シイタケの戻し汁100ml、水50ml、水溶き片栗粉適量、エダマメ適量、エリンギ適量

作り方
  • ①豆腐をキッチンペーパーで包み重しをして15分くらい、水気をぬき、食べやすい形に切る。
  • ②豆腐に片栗粉をまぶして、揚焼きにする。
  • ③野菜類を切り、炒め、火が通ったら調味料と水溶き片栗粉を入れる。
レシピ02 なめこのみそ汁
材 料

なめこ適量、かきな適量、みそ適量

作り方
  • ①お湯を沸かし、なめこ、カキナを入れてゆでる。
  • ②味噌を入れ火を止める。
レシピ03 ホウレンソウの胡麻和え(明日葉入り)
材 料

ホウレンソウ2束、明日葉1束、ごま・和風だし適量、砂糖・しょうゆ適量、コーン適量

作り方
  • ①ホウレンソウとアシタバを茹でる。
  • ②調味料とごま、コーンを和える。
レシピ04 とりめし
材 料

にんじん1/2、にんじんの葉適量、ごぼう1/3、鶏肉50g、しょうゆ適量、砂糖適量、お酒適量、米75g、たけのこ少々、まいたけ適量

作り方
  • ①肉と野菜をきざんで炒めて、調味料を入れて煮る。
  • ②ごはん分の水を入れてコップ一杯の水を取り、鶏肉と野菜を除いて余った調味料(だし)を入れて炊く。
  • ③炊き上がったら肉と野菜を入れて混ぜる。
  • ④できたらニンジンの葉っぱを盛り付けて完成。
レシピ05 みかんのゼリー
材 料

みかん1個、砂糖5g、ゼラチン1g、水25g

作り方
  • ①鍋に水を入れ沸騰したらゼラチンを入れ溶かし、砂糖を入れ、火を止めてからバラバラにしたみかんを鍋の中に入れ混ぜる。
  • ②容器に入れ固まるまで冷蔵庫に入れる。